UDCMi|アーバンデザインセンターみその

皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

【開催報告】5月30日 みその都市デザインスタジオ2017[春] 最終発表会

2017年05月31日|活動レポート

pj2378-1pj2378-2

みその都市デザインスタジオ」とは、美園地区をフィールドとした大学生のまちづくり計画演習です。
2017年[春]は、芝浦工業大学(都市デザイン研究室、構造デザイン研究室)の学生14名が取り組みました。
2月末より現地調査等を進め、5月30日にその最終発表会が行われました。

本地区における土地区画整理事業も徐々に概成しつつあるなか、本設施設の建設までの間に暫定的な土地活用が行われるケースも少なくなく、こうした状況も背景に、スタジオ2017年[春]では「仮設的・暫定的空間利用から紐解く 次世代の新市街地デザイン」をテーマに調査・研究が進められました。
4班に分かれた学生チームからは、みそのウイングシティ内で選定した敷地を対象に、敷地条件分析や暫定活用コンセプト、そして“都市の木質化”促進も見据えた木造施設等のデザイン提案が行われ、発表会に参加いただいた行政・企業関係者等とも活発な意見交換が行われました。

各敷地特性も踏まえながら本地区に足りない都市機能の充足に向け、建築物やアーバンファニチャ等の提案が行われましたが、いずれの提案も、都市づくりが進みゆく本地区の中でも暫定的・仮設的な時間軸においてしなやかに、開かれた交流・関わり合いを生む“きっかけ”づくりを意図したものでした。
土地区画整理事業等の公的な施設整備や、住宅・店舗建設等の企業活動による施設整備とはレイヤーの異なる、地域住民等の担い手が関わり続ける空間が、今後のまちづくりにおいても重要な意味をもつと、改めて認識されたところでした。
発表会後に行われた慰労も兼ねた懇親会でも、スタジオ提案を本地区でどう(まずは実験的に)実現させていくか、意見交換の“延長戦”は続き、今後の展開が期待されるスタジオとなりました。

なお、本スタジオの最終成果物の一部(ポスター・模型)はUDCMi内に特設コーナーを設けて展示しております。
UDCMiにご来館の折には、是非ご覧いただければと思います。

pj2378-3pj2378-4

今後も引き続き「みその都市デザインスタジオ」の開催を予定しています。
詳細は、本Webサイト等でご案内いたします。

※参考記事「イベント情報>みその都市デザインスタジオ2017[春] 最終発表会のお知らせ

■「みその都市デザインスタジオ2017[春]」最終発表会 実施概要
日時 2017年5月30日(火) 15:00〜17:00
会場 アーバンデザインセンターみその[UDCMi] ワークショップスペース
主催 みその都市デザイン協議会
企画 (一社)美園タウンマネジメント、さいたま市浦和東部まちづくり事務所
問合せ (一社)美園タウンマネジメント
 Phone. 048-812-0301(火〜金:10時〜19時、土日祝:9時〜16時)
 E-mail. info★misono-tm.org (★を@に変えて送信ください)

月別アーカイブ