皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

【開催報告】11/18「Misono2050」ワークショップ実施!〜あなたは30年後、美園で何をしていますか?〜

2017年11月21日|活動レポート

pj3343-1pj3343-2pj3343-3

美園地区は過去30年で大きく様変わりしました。
近年、1970〜80年代に造成されたニュータウンなど当時の新興住宅地では、急速な少子高齢化が問題になっています。
いま美園は街のあちこちで住宅供給や施設整備が進み、人口も急増していますが、30年後はどのような姿になっているでしょうか?
2050年(概ね30年後)でもサステイナブルな美園地区であり続けるためには、未来を見据えつつ、一人ひとりができることから行動に起こしていく必要があります。
今回は、オランダで実績のある“トランジション・マネジメント”という手法を用い、今から私たち一人ひとりに何ができるかを考えるワークショップ(意見交換会)を開催いたしました。

本地区や近隣にお住いの方や、本地区の在勤者など幅広い方々にお集まりいただき、2つの班に分かれて意見交換が進められました。
先ずデータ等に基づいて可能な範囲で30年後の世相を思い浮かべながらも、各自の考える望ましい未来像について意見交換を行い、その後、その将来イメージに向かって今すぐ実践できそうな活動・取り組みのアイデアを出し合いました。
各テーブルでは、和気あいあいとした雰囲気の中でも非常に密度の濃い議論が行われ、意見を記載した付箋紙で模造紙がびっしり埋まるほど、アイデアの種が僅か2時間の意見交換の中で集まりました。

今回ワークショップを開催して改めて感じられたのは、普段は地域のまちづくりにそこまで積極的に関わっていない方々の中に、「関わりたくてもそのキッカケ・入口が分からない」という思いを抱えている方がひょっとして多いかもしれない、ということでした。
現在ワークショップ成果の取りまとめ作業を進めておりますが、引き続き、多様なプレイヤーを巻き込む“場”を設定しながら、今回出た「今すぐ実践できそうなアイデア」を1つでも形にしていけるよう、具体のアクションにつなげていければと思います。

※参考記事「プロジェクト>美園スタジアムタウン憲章の普及推進
※参考記事「お知らせ>「Misono2050」ワークショップ参加者募集!
====
「Misono2050」ワークショップ 実施概要
■日 時: 2017年11月18日(土) 10:00〜12:00
■会 場: アーバンデザインセンターみその[UDCMi]ワークショップスペース
■主 催: 一般社団法人美園タウンマネジメント、明治大学専門職大学院ガバナンス研究科松浦研究室
■協 力: 美園タウンマネジメント協会、みその都市デザイン協議会
■事務局・問合せ: 一般社団法人美園タウンマネジメント
 TEL: 048-812-0301(火〜金:10時〜19時、土日祝:9時〜16時)
 E-mail: info[at]misono-tm.org ※[at]を@に変えて送信ください。