皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進

プロジェクト / まちのメンテナンス

美園タウンマネジメント協会(エネルギー分科会)
主体:イオンディライト(株)、東京ガス(株)、(一社)美園タウンマネジメント
検討:2015年度~

次世代の環境都市システムの実現を目指して

東日本大震災を契機にエネルギー需給が変化し、一人ひとりのエネルギー利用や地球温暖化問題に関する意識も高まっています。
市の“副都心”の一つとして新市街地形成の進む美園地区においても、個別建物を超えた街区・地区単位でエネルギー利用を効率化し、地区全体のエネルギー消費量を削減しながら、低炭素・循環型社会の構築を図り、持続可能で活力ある都市づくりを先導的に進めていくことが重要な課題となっています。
このため、本地区に立地する拠点施設(埼玉スタジアム2○○2やイオンモール浦和美園など)を核に、スケールメリットを活かした高効率な設備の導入や、エネルギー利用時間差を活かしたエネルギー融通、蓄熱・蓄電システム等によるエネルギー利用平準化など、エネルギーの面的利用等に係るシステム導入の事業化可能性調査(投資回収効率や費用対効果等の検討・評価)に着手しています。

■2016年度調査:
2016年度は、一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)による「平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金(構想普及支援事業)」を活用し、美園地区における拠点施設間の歩行経路上へ“日除け/雨除けシェルター”として設置を想定した「太陽光発電設備」について、その発電出力を大型蓄電池に蓄電して活用しながら、需要地に設置するコジェネレーションと連携させた際の、エネルギーマネジメントモデルの事業性(投資回収効率や費用対効果等)検証を行いました。
※成果報告書(概要版)⇒[PDF
※参考記事「お知らせ>平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金への採択について