皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

【開催報告】7月7日午後7時7分「水辺で乾杯in美園2018」開催しました!

2018年07月09日|活動レポート

pj4774-1pj4774-2

水辺の新しい活用の可能性を創造すべく、全国各地で取り組まれている「ミズベリング」プロジェクトの一環で、2015年より7月7日午後7時7分に身近な水辺に集い乾杯をする〜日常の風景を少し変えてみる〜という実験プログラム【水辺で乾杯】が行われています。
この美園地区でも今年3月に「美園スタジアムタウン:河川空間活用計画」を策定・公表し、綾瀬川沿いの遊歩道については先行整備区間も着工されていますが、綾瀬川とその周辺のまちの関係=“川まちづくり”の在り方を考える契機とすべく「水辺で乾杯in美園2018」を開催いたしました。

先般の豪雨で被災された地域の方々やそのご家族・友人の皆さまには心よりお見舞い申し上げますとともに、平穏な日々が一日も早く来ますようお祈りいたします。
治水と親水の両立した水辺空間の在り方については、遊歩道整備の計画検討段階で昨年度開催した「綾瀬川デザインワークショップ」でもテーマとなっていた観点であり、川を有する本地区は、水の怖さと恩恵を熟知した上で水辺に接していかなければなりません。
改めて、最も身近な水辺空間である綾瀬川と、本地区における生活環境・ライフスタイルとの関係や、それに係る公民連携の在り方を見つめなおす機会となる事を祈念し、予定通り【水辺で乾杯】を行う事としました。

沿川自治会や地区内店舗にも協力いただきながら、綾瀬川美園中橋の橋詰付近(綾瀬川遊歩道の先行整備区間に特別に立ち入り!)にて、7月7日午後7時7分に乾杯を行いました。
集合した時点では皆さんやや硬い表情でしたが、乾杯(記念撮影)後にはお互いに打ち解けたのか、進行中の遊歩道整備に限らず、美園のまちの未来についてざっくばらんに意見交換する光景が見られました(その場での立ち話ではありますが)。
(なお、乾杯前には会場周辺・綾瀬川沿いのゴミ拾い活動も実施しました)

綾瀬川遊歩道自体は本地区での先行区間整備が始まったばかりで、今後沿川に順次進捗予定ですが、地域一体となって、皆に親しまれる遊歩道となることが期待されます。
今回企画実施にあたりご協力いただいた皆さまには感謝申し上げると共に、来年度の「水辺で乾杯in美園」も企画していければと思います。

※参考記事「水辺で乾杯2018公式サイト>水辺で乾杯in美園2018投稿記事※外部サイト
※参考記事「プロジェクト>綾瀬川・調節池の高質化整備・利活用
※参考記事「イベント情報>7月7日午後7時7分「水辺で乾杯in美園2018」開催します!
====
「水辺で乾杯in美園2018」実施概要
■日時: 2018年7月7日(土) 18:45〜19:30
■場所: 綾瀬川 美園中橋左岸側(美園東2丁目側)橋詰付近
■主催: みその都市デザイン協議会
■協賛: ヤオコー浦和美園店
■協力: (株)ピーアンドディコンサルティング、埼玉県水辺再生課
■事務局・問合せ: 一般社団法人美園タウンマネジメント
 TEL: 048-812-0301(火〜金:10時〜19時、土祝:9時〜16時)
 E-mail: info[at]misono-tm.org ※[at]を@に変えて送信ください。