皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

【開催報告】5月8日 みその都市デザインスタジオ2018[春] 中間発表会

2018年05月09日|活動レポート

pj4532-1pj4532-2

みその都市デザインスタジオ」とは、美園地区を対象とした大学生のまちづくり計画演習です。
2018年[春]は、芝浦工業大学(都市デザイン研究室、構造デザイン研究室)の学生15名が取り組んでいます。
3月より現地調査等を進めてきましたが、5月8日にその作業成果の中間報告会が行われました。

本地区における都市基盤整備も概成しつつあり、まちのビルドアップが本格化し始めている状況を受け、スタジオ2018年[春]では「スタジアムタウンの理念実現を牽引する 未来の集合住宅」をテーマに調査・研究が進められています。
駅周辺と埼玉スタジアムの間の(通称)スタジアム参道沿道を対象敷地に、学生(5人×3チーム)から、各地の事例調査も踏まえつつ、集合住宅の試設計の提案が行われました。
学生提案を受けて参加者からは、
 ・対象敷地周囲の各道路や隣接敷地などの周辺環境に応じた住棟配置・形状等の妥当性
 ・曜日/時間帯別の道路通行者の変化を踏まえたパフリック性/プライバシー性のデザイン
 ・スタジアム参道沿い低層部の非住居用途(建築プログラム)の妥当性(事業性)
 ・アイストップ性などの街並みアクセント
など、生活者や実務の観点からのコメント・意見が活発に展開されました。
街並みデザインガイドラインの検討も徐々に始まっていますが、意見交換を踏まえて学生の提案が益々洗練され、本スタジオの研究成果のガイドライン検討への反映も期待されます。
6月5日には本スタジオの最終発表会を予定しておりますが、是非、多くの皆様にご参加いただければと思います。

※参考記事「イベント情報>みその都市デザインスタジオ2018[春] 中間発表会のお知らせ
====
「みその都市デザインスタジオ2018[春]」中間発表会 実施概要
■日 時: 2018年5月8日(火) 14:00〜16:00
■場 所: アーバンデザインセンターみその[UDCMi]内ワークショップスペース
■企 画: 一般社団法人美園タウンマネジメント、さいたま市浦和東部まちづくり事務所
■問合せ: 一般社団法人美園タウンマネジメント(担当:岡本)