皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

【開催報告】1月19日 みその都市デザインスタジオ2017[冬] 最終発表会

2018年01月20日|活動レポート

pj3646-1pj3646-2

みその都市デザインスタジオ」は、美園地区を対象とした大学生のまちづくり計画演習です。
スタジオ2017[冬]は、埼玉大学(建設工学科交通・計画グループ)の学生7名が取り組みました。
昨年10月末より現地調査等を進めてきましたが、1月19日にその作業成果の最終報告会が行われました。

本地区における宅地造成や道路等インフラ整備は徐々に概成しつつあり、土地活用も本格化してきています。
浦和美園駅前と埼玉スタジアム2○○2とを結ぶ12m幅員道路(通称:スタジアム参道)は、スタジアム観戦者の歩行動線としても意図され整備されましたが、今後のまちのビルドアップに際しては、地域の生活動線と埼スタアクセス空間とをどう両立していくかが課題となってきます。

そこで、スタジオ2017[冬]では「ウォーカビリティに着目したスタジアムタウンの参道デザイン」を検討テーマに設定し、調査・研究が進められました。
学生チームは、駅前から大門上(大)調節池の区間の検討班と、大門上(大)調節池区域内の検討班とに分かれ、現状分析を踏まえた歩行動線・交通処理のコンセプト・考え方や、それを踏まえた空間整備イメージ等の最終提案が行われました。
中間報告時から提案内容も整理され、いかにしてスタジアム参道への自動車流入を抑制させながら、自動車と歩行者の動線分離を図り、歩行者(埼スタ観戦者のみならず、地域住民の普段づかい)にとって安全性・快適性の高い都市環境をつくっていけるか、数多くの施策案が提示されました。
まちづくりの“実務”の観点からも「実際に可能性を検討してみたい」というコメントのあった提案アイデアも複数挙がり、本スタジオを契機にしながら、本地区の“ウォーカビリティ”向上に向けた議論を今後も深めていければと思います。

なお、本スタジオの最終成果物の一部(ポスター)はUDCMi内に特設コーナーを設けて展示しております。
UDCMiにご来館の折には、是非ご覧いただければと思います。

pj3646-3

今後も引き続き「みその都市デザインスタジオ」の開催を予定しています。
詳細は、本ホームページ等でご案内いたします。

※参考記事「お知らせ>みその都市デザインスタジオ2017[冬] 最終発表会のお知らせ
====
「みその都市デザインスタジオ2017[冬]」最終発表会 実施概要
■日 時: 2018年1月19日(金) 18:00〜19:30
■会 場: アーバンデザインセンターみその[UDCMi]ワークショップスペース
■主 催: みその都市デザイン協議会
■企 画: 一般社団法人美園タウンマネジメント、さいたま市浦和東部まちづくり事務所
■問合せ: 一般社団法人美園タウンマネジメント
 TEL: 048-812-0301(火〜金:10時〜19時、土日祝:9時〜16時)
 E-mail: info[at]misono-tm.org ※[at]を@に変えて送信ください。