皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

【開催報告】8/28 綾瀬川デザインワークショップ(第3回)

2017年08月29日|活動レポート

pj2868-1pj2868-2

さいたま市の“副都心”の一つとして、大規模な新市街地づくりの進む美園地区。
地域の居住環境向上や来街促進に寄与すべく、本地区を南北に流れる綾瀬川およびそれに付随する調節池の再生・利活用方策について「みその都市デザイン方針」をベースに調査・検討が進められています。
その整備・利活用計画の立案に向けて、3回連続シリーズで開催してきた意見交換会「綾瀬川デザインワークショップ」について、その最終回となる第3回目のワークショップが8月28日に行われました。

初回・第2回から引き続き、沿川の自治会関係者など本地区にお住まいの方や、立地企業や沿川敷地の開発事業者などにお集まりいただき、4つの班に分かれて意見交換が進められました。
第3回目となる今回は、第2回(利活用・整備アイデアの精査及び維持管理等の仕組みアイデア出し)の結果を全体共有した上で、前回ワークショップまでに綾瀬川の水質に関する質問が上がったことも踏まえ、まずは話題提供・取り組み紹介として埼玉県水環境課よりミニレクチャが行われました。レクチャでは、綾瀬川の水質自体は往時より改善され目標値も達成しているものの、水環境は水質・水量・水生生物・水辺地といった相互に関係・影響し合う要素から構成されているため、総合的に取り組んでいく必要性があることが指摘されました。
その後のグループ討論では、第2回ワークショップまでに挙がった意見を整理した利活用・整備イメージの精査、および利活用・維持管理に係る住民・企業・行政の役割分担に関する意見交換が行われました。

今回の3回連続ワークショップのみではまだまだ議論を掘り下げる時間が足りなかったかもしれませんが、ひとまず本ワークショップの検討成果を基に、みその都市デザイン協議会(河川空間活用分科会)にて整備・利活用計画の詳細検討を進めて参ります。
ひろく地域住民・立地企業等の参画を得なければより良い都市環境を形成・維持・向上できないのは、本連続ワークショップで皆さんから出た意見のとおりです。
各種イベント等での検討進捗状況の報告展示なども企画中であり、また、計画を煮詰めていく段階でもこうした意見交換の場を設定できればと考えております。
企画詳細が決まり次第、本ホームページ等で告知いたします。

※綾瀬川デザインワークショップ(第3回)意見整理結果⇒[PDF
====
「綾瀬川デザインワークショップ」第3回 実施概要
■日 時: 2017年8月28日(月) 15:00〜17:30
■場 所: アーバンデザインセンターみその[UDCMi]ワークショップスペース
■主 催: みその都市デザイン協議会
■企 画: (一社)美園タウンマネジメント、さいたま市浦和東部まちづくり事務所
■問合せ: (一社)美園タウンマネジメント(担当:岡本) TEL.048-812-0301