皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

3月30日「シャトルバス優先走行化」第2回交通社会実験を実施します!

2019年02月05日|UDCMiから

FBeyecatch-pj5773

みその都市デザイン協議会では、2018年3月策定の『美園スタジアムタウン:スタジアムアクセス戦略』に基づいて、地域住民の居住環境や地区内立地施設の事業活動等が両立した、安心・安全で円滑かつ快適なスタジアムアクセス環境づくりに取り組んでいます。
その取り組みの一環として、サッカー試合終了後における埼スタ周辺の交通渋滞悪化に伴い利便性の低下したシャトルバスの所要時間改善に向け、シャトルバス優先走行化の第2回交通社会実験を3月30日に実施いたします。
※本実験に係る最新情報は、本ページにて随時更新いたします。
※関連記事「報道発表>「シャトルバス優先走行化」第2回交通社会実験を3月に実施
※参考記事「活動レポート>【シャトルバス優先走行化】第1回交通社会実験 結果〈速報〉概要

■「シャトルバス優先走行化」第2回交通社会実験 実施内容
交通渋滞の直接的原因となっている自家用車から、公共交通を中心とした交通手段への転換(モーダルシフト)を目指し、シャトルバスの所要時間改善に向けた優先走行化の社会実験を行います。
1. 日時
2019年3月30日(土) 16時頃〜17時頃
※2019明治安田生命J1リーグ第5節 浦和レッズvsFC東京(14時キックオフ)試合終了後
2. 実験概要
pj5773-1pj5773-2b
(交通社会実験実施範囲および交通規制交差点イメージ図)
【交通規制】浦和岩槻線の川口方面一部交差点での車両進入を禁止。(バス、タクシー、緊急車両等を除く)
【振分区間】カラーコーン・交通誘導員の配置等により、第1車線(沿道側)に一般車両を誘導し、第2車線(中央分離帯側)をバス等優先レーン化。
【歩行者等誘導】交通規制交差点における車両誘導を円滑にするため、歩行者・自転車の浦和岩槻線西側歩道への通行誘導を実施。
【車両迂回推奨ルート】一般車両について、県道蒲生岩槻線・国道122号線など、迂回ルートの案内・周知を行う。
3. 効果測定概要
【交通量調査】シャトルバス(所要時間)、自動車(渋滞長・滞留長、信号現示)
4. 実施体制
【主催】みその都市デザイン協議会
【運営】浦和レッドダイヤモンズ㈱、国際興業㈱、東武バスセントラル㈱、朝日自動車㈱、㈱SPDセキュリA、埼玉スタジアム2○○2公園管理事務所、埼玉県浦和東警察署、(一社)美園タウンマネジメント、さいたま市浦和東部まちづくり事務所
【協力】埼玉高速鉄道㈱、イオンリテール㈱、埼玉県公園スタジアム課
5. 問合せ先
【協議会事務局】
 一般社団法人美園タウンマネジメント
  TEL. 048-812-0301(火〜金:10〜19時、土祝:9〜16時)
  E-mail. info[at]misono-tm.org ※[at]を@に変えて送信ください
 さいたま市浦和東部まちづくり事務所
  TEL. 048-878-5143(平日:8時30分〜17時15分)
【シャトルバス優先化社会実験 本部】
  TEL. 070-2158-3160(3月30日実験当日のみ)

■関連事業
本シャトルバス優先化実験に合わせて、公共交通利用促進等に係る各種施策を企画中です。(随時更新)
SR特典付き観戦チケット
鉄道利用観戦の促進策の一環として、交通社会実験実施日に埼スタで開催される浦和レッズvsFC東京の指定席(サッカーのまち浦和シート)の観戦チケットと、鉄道乗車券と引き換え可能な引換券とがセットになった特別チケット「SR特典付き観戦チケット」が2月9日より発売されます。
※詳細リンク「3/30(土)FC東京戦 SR特典付き観戦チケット販売について(浦和レッドダイヤモンズ公式サイト)
※詳細リンク「埼玉高速鉄道は浦和レッズの取り組みに協力します「SR特典付き観戦チケット」を発売!!(埼玉高速鉄道公式サイト)

■視察・取材の申込みについて
本交通社会実験の視察・取材の事前登録・当日受付等について、本ページにて後日ご案内いたします。