皆で街の未来を描き、実現する~「公民+学」の連携によるまちづくり拠点

平成29年度地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金への採択について

2017年08月10日|UDCMiから

美園タウンマネジメント協会(以下、TM協会)の取り組みとして地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進の検討を進めていますが、「平成29年度地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金(分散型エネルギーシステム構築支援事業のうち構想普及支援事業)マスタープラン策定」に対して提案申請をしたところ、2017年8月10日に採択を受けました。

申請主体:
 一般社団法人美園タウンマネジメント
 サミットエナジー株式会社
 みやまスマートエネルギー株式会社
 さいたま市
 立山科学工業株式会社
 西松建設株式会社
事業名:
 浦和美園地区・地産地消型再生可能エネルギー活用プラン策定事業
(概要)
昨年度実施した事業性検証(投資回収効率、費用対効果等)の成果を踏まえつつ、別途開発・実証の進むデジタルグリッド技術(DGR・DGC)の活用・実装化も見据え、市の取り組む「さいたま版グリーンニューディール事業」との連携に基づいて本地区内に整備する太陽光発電設備を軸に、本地区における再生可能エネルギー地産地消のビジネスモデル構築に係る事業計画(マスタープラン)策定を行う。
※参考「平成29年度 地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金(分散型エネルギーシステム構築支援事業のうち構想普及支援事業)マスタープラン策定の採択結果について(外部サイト)